Bell 412EPI

主力となるワークホースが、Bell BasiX-Pro™ フライトデッキとともにデジタル化

Bell 412EPI は、過酷な環境下においても優れた信頼性で評判のモデルです。汎用性の高いキャビンは、いかなる特定のミッション・ニーズにも適応する任意の配置を可能にします。 Bell BasiX ProTM 統合アビオニクス システムにより、パイロットは高度な状況把握機能と安全機能を活用できます。ベル 412EPI の Pratt & Whitney PT6T-9 Twin Pac® エンジンは、優れた高温高々度性能をと強化されたカテゴリー A/JAR OPS PC1 性能を発揮します。 さらにベル 412EPI では、離陸能力が 600 lb を超える一方、必要とされる最小のヘリパッド・サイズを直径 60 ft まで縮小するとともに、600lbsを超える離陸性能の向上が図られました。


2,190 kg の使用可能積載量
364 nm 最大航続距離
定員14人
全スペック »

用途



機体



アビオニクス



内装



ギャラリー




 
あらゆる任務に確実かつ柔軟に対応できるヘリコプターに、進化したフライトデッキが搭載されました。
 

技術仕様


速度 (最大全備重量時)
VNE (超過禁止速度) 259 km/h 140 kts
最大巡航速度 226 km/h 122 kts
VLRC(長距離巡航速度) での航続距離* 674 km 364 nm
最大航続時間* 3.8 時間
上昇限界高度
実用上昇限界高度 (気圧高度) 5,016 m 16,460 ft
ホバリング高度地面効果内 (最大全備重量、国際標準大気) 3,459 m 11,350 ft
ホバリング高度地面効果外 (最大全備重量、国際標準大気) 2,011 m 6,600 ft
定員・容積
標準座席数 1+14
最大座席数 1+14
標準燃料 1,251 リットル 331 US ガロン
補助燃料 (オプション) 123 または 617 リットル 33 または 163 US ガロン
ドア幅 2.3 m 7.7 ft
キャビン容積 6.2 m³ 220 ft³
Aft (荷物) コンパートメント量 0.8 m³ 28 ft³
重量
空虚重量 (IFR 標準構成) 3,207 kg 7,071 lbs
有効搭載量 (内部、IFR 標準構成) 2,190 kg 4,829 lbs
最大全備重量 (内部) 5,398 kg 11,900 lbs
最大全備重量 (外部荷重) 5,398 kg 11,900 lbs
カーゴフック吊り下げ能力 2,041 kg 4,500 lbs
その他
動力装置 (2) Pratt & Whitney PT6T-9 Twin Pac®
トランスミッション定格、MCP 828 kW 1,110 shp

*最大全備重量、国際標準大気、標準燃料、予備燃料なし、海面レベルにおいて

航空機文書

これらの資料は PDF 形式です。複数の言語の資料をご用意しています。

製品ニュース



垂直離着陸機の未来を切り拓くベルヘリコプター
【2017年3月7日|テキサス州ダラス】...
青森県に納入された「Bell 412EPI」、日本での運航を開始
(2016年10月12日–東京・国際航空宇宙展)ベルヘリコプター・テキストロン(NYSE...
ベルヘリコプター、カナダ沿岸警備隊から「Bell 412EPI」7機を受注
(カナダケベック州ミラベル-2015年4月10日) ベルヘリコプター・テキストロン (NYSE: TXT) は本日(4月10日)、カナダの公共事業・政府サービス省から、カナダ沿岸警備隊向けの「Bell 412EPI」7機を受注したことを発表しました。「Bell...