青森県に納入された「Bell 412EPI」、日本での運航を開始

(2016年10月12日–東京・国際航空宇宙展)ベルヘリコプター・テキストロン(NYSE: TXT) は、日本で初めて、2016年第1四半期に青森県に納入された「Bell 412EPI」1機が、日本での運航を開始したことをこのたび正式にお知らせいたします。

青森県は1995年に防災ヘリコプターの運航を開始し、その際にもベルヘリコプターは同県へBell 412EPを日本で初めて納入しています。そして現在、青森県はBell 412EPIについてもまた、日本で初めて同機を運航した弊社のお客様となりました。

防災ヘリコプター「しらかみ」を運航する青森県危機管理局消防保安課の前田基行課長は、次のように述べています。

「青森県は八甲田山や世界自然遺産白神山地などを抱えていることから、山岳救助事案での出動が多く、また林野火災事案では隣接する岩手県や秋田県へも出動しています。初代の412EP型は、21年にわたり、高い安全性と確かな信頼で活動を行ってきました。特に、山間部でのホイスト救助によるストレッチャーの機内引込みの際など、412EP型の扉の大きさが非常に機能的でした。今回導入の新機種412EPI型でも、初代同様の扉の大きさと安定したホバリング性能を活かして迅速な救助活動を行っていきます。」

Bell 412プラットフォームは、引き続き公的機関からの引き合いが多く、現在世界では約900機体が幅広いミッションのために運航しています。より高い性能を備えたBell 412EPIは先進的なフライトデッキとグラスコクピットを採用しており、パイロットの状況認識性を改善し、より安全性の向上が図れるよう設計されました。さらに、陸上自衛隊のUH-1Jの後継となる新多用途ヘリコプターUH-Xも、このBell 412EPIをベースに開発されます。

ベルヘリコプター株式会社代表取締役社長のリチャード・ソーンリーは次のように述べています。「Bell 412プラットフォームは、パフォーマンスや性能といった点を特に重視し、設計されています。Bell 412は40年近くにわたり人命救助や災害救助活動に力を発揮しており、今後もこの功績を青森県とともにさらに発展させていけることを誇りに思います。」

Bell 412EPIは、Bell 412EPの派生型としてプラットフォームが向上されました。完全統合型グラスコクピットであるBell BasiX Pro™の採用により、重要な飛行情報を一目で把握することができ、より優れた状況認識力と安全性を提供します。Bell BasiX Pro™システムは双発エンジン ヘリコプター要件を満たすために特別に設計され、計器飛行方式(IFR)、カテゴリーAおよびJAROPS3に準拠した運航に最適化されています。コックピットにはさらに高解像度デジタル地図、電子航空チャートおよびアプローチ プレート、ADS-Bトランスポンダー、そしてオプションとしてHTAWSおよびXM衛星リンクの搭載が可能です。また、Bell 412EPIは、BLR Strake および FastFin®システムを搭載しています。これにより、エアフロー最適化のためのテールブームが改造され、ハンドリングや安全性、揚力が向上されました。最新型のBell 412EPIはさらにPratt & Whitney PT6T-9 Twin Pac® エンジンのパワーにより、従来型のBell 412と比べて軸馬力を15%増加させました。同機は、日本で全面的なサポートが提供されます。

ベルヘリコプターの日本法人であるベルヘリコプター株式会社は、日本の回転翼機市場への貢献を目指した長期的な顧客・パートナーとの関係構築の推進を目的として、2014年1月に設立されました。ベルヘリコプターの東京オフィスは営業販売、マーケティング、販売後のアフターサービスの日本における拠点であり、正規のサービスセンターとして富士重工業株式会社、中日本航空株式会社、朝日航洋株式会社のサポートが得られます。

 

ベルヘリコプターについて

テキストロンの完全子会社であるベルヘリコプターは、民間・公官庁および軍用の有人・無人の垂直離陸航空機を製造する業界有数の企業で、革新的なティルトローター機のパイオニアです。ベルヘリコプターのワールドクラスのカスタマーサービス、革新的な技術、そして高い品質は世界的に認められており、120カ国以上でサービスを展開しています。

テキストロンについて

テキストロンは、航空・防衛・工業・金融ビジネスの世界ネットワークを活用して、顧客に革新的なソリューションとサービスを提供する多業種企業です。テキストロンはベルヘリコプター、セスナ、ビーチクラフト、ホーカー、ヤコブセン、カウテックス、ライカミング、E-Z-GO、グリーンリー、バッドボーイオフロード、テキストロンシステムズ、TRUシミュレーション+トレーニング等の有力な事業によって、世界に知られています。詳しい情報については、www.textron.comをご覧ください。

本リリース中の特定の記述は将来見通しに関する記述で、売上高予測、戦略の説明、目標、展望やその他の歴史的ではない事実が含まれる場合があります。これらの記述は、記述がなされた時点におけるもので、当社は将来見通しに関する記述を更新または修正する義務を負わないものとします。そうした記述は、既知および未知のリスク、不確実性、その他の要因が伴い、実際の業績が将来見通しに関する記述によって、明示または黙示されたものと大きく異なる場合があります。そのような記述には、当社製品の輸出入に関する政府の規制や方針の変更、当社製品の需要に悪影響を及ぼす世界経済や政治情勢の変化、金利や為替レートの変動、新興国市場を含む国際ビジネスにおける、合弁企業パートナーや下請業者、サプライヤー、代理店やコンサルタントなどのビジネスパートナーとの関係性に関するリスクなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。